学校案内

カリキュラム

充実の3年生教育

基礎的な知識や技術をじっくりと学びます

本校は社会の求めに応じ早くからカリキュラムの作成に取り組み、
他校に先がけて平成21年度4月から3年制教育に移行しました。
これも歯科衛生士養成一途に専念し、教育経験豊かな多数の専任教員がいるからです。

40年の経験に基づく教育内容

歯科衛生士養成40年の実績と伝統があるから、教育の中身に自身があります。
また歯科医師の創った学校なので、歯科医師の求める歯科衛生士が良く理解された教育です。

充実した教育設備

デジタルX線、レーザー装置、小型口腔内モニターなど、
最新設備を取り入れ実践に即した実習が行えます。
文教地区(天白)で地下鉄平針駅から徒歩1分と交通の便が良く、セキュリティーに優れ、
安心、安全な環境で学べます。

きめ細やかな学生指導

少人数担任制をとっていますので、学生一人一人と向き合って
きめ細やかな学生生活をサポートします。
そのため卒業後も多くの卒業生の来校があり、近況を知らせてくれたり、
いろいろな相談に訪れます。

歯科衛生士の国家試験は毎年高い合格率。
名古屋デンタル衛生士学院では長年の教育経験に基づき、
各学生の苦手な部分を早期に発見し、実力強化するために、
丁寧な国家試験対策を行い、
歯科衛生士という女性の自立に有利な資格取得に対し、
常に100%合格を目指しています。

知っていますか?

歯科医療機器は歯科医師のポジションの兼ね合いから、右利き用にできています。

左利きの人は?

無理に矯正はしません。はじめはぎこちないのですが、みんな上手にできるようになります。
かえって両手が上手に使えるので仕事が有利な場合も!

教育内容・環境

最新の充実設備

マニキンには本物の治療椅子に設置されている器械が完備されていて、インストラクターの手技を近・遠2種類のカメラで撮影。大型モニターに映し出すことにより充実した実習が行えるようになっています。
また歯科診療室と同様の診療チェアーを15台備え、設備を使い学生同士で相互実習をおこない臨床にむけて必要な技術を実践に近い状態で実習します。
さらに、顕微鏡や材料をあつかう専用の実験室も完備。それぞれの専用実習室がゆとりある教育を生み出します。
また、講義室を含めた全室に視聴覚設備も万全です。

基礎実習室 マニキン実習室 実験室

学ぶこと

1年生 1年生

化学や生物など一般科目と歯科の基礎科目を中心に学びます。
国語表現法など日本語を正しく学ぶとともに女性としての品格を身につけるための女性学も受講します。
充実した実習設備を使用し歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導の基礎実習を行います。

2年生 2年生

臨地実習・臨床実習にむけての専門科目や予備実習を中心に学びます。
感染予防や口腔外科また人間関係などコミュニケーション能力を高める教科や医療倫理について学びます。
臨地実習では保健センターをはじめ障がい者施設、介護老人保健施設、
幼稚園などで実習を実施しています。
また10月から臨床実習が始まり病院、一般歯科診療所、小児歯科、矯正歯科で実践能力を養います。

3年生 3年生

4月から7月は臨床実習を中心とし、研究(卒業論文)の準備のための講義や
関連科目や社会保険などについて学びます。
臨床実習終了の後期からは国家試験にむけて各教科の過去問題傾向を分析し
内容を絞った集中講義を実施しています。
また模擬試験・実力試験などで実力を確認し合格点に満たない学生には補講を実施するなど
科目ごとにきめ細かな指導を行っています。